PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

レーザー治療で気になる質問(椎間板ヘルニア篇)

低侵襲の手術法とはいえ、手術は怖いものです。椎間板ヘルニアのレーザー治療について調べている人は、どのようなことを気にしているのでしょうか?

このカテゴリでは、レーザー治療を受ける人が不安に思うことを調査しました。

よくある疑問に、レーザー治療の第一人者でもある「伊東くりにっく」の伊東信久院長監修のもとお答えしていきますので、レーザー治療を検討している方は必見です。

レーザー治療の
失敗やリスクについて知りたい

レーザー治療に関する質問として、

  • 合併症はあるの?発生率は?
  • 病気を持っている人でも受けられる?

以上、2つの質問に対して調査したものをご紹介します。

どのような治療方法であってもメリット、デメリットがあり、リスクは伴うものです。

レーザー治療の場合も、ごくまれに以下のような合併症を引き起こす可能性はあります。

  • 熱傷性脊椎炎
  • 創部感染
  • 化膿性椎間板炎
  • 出血

とはいえ、レーザーによる治療は切開に比べれば、身体へのリスクが少なく非常に安全な手術です。どの程度治療負担が軽減され、病気を持っている人でも安心して受けることができるものなのかについても詳しく解説します。

PLDDで起こりうる
失敗・リスクとは

レーザー治療の傷跡や痛み
後遺症について知りたい

レーザー治療による傷跡や痛み、後遺症などに関する質問に対して調査したものをご紹介します。

本当に痛くない?

レーザー治療は従来の手術のように全身麻酔をかけたり、切開をしたりする必要もないため、手術にかかる時間も短時間で済む、痛みをほとんど伴わない治療法です。なぜ痛くないのかを、治療の内容をご紹介しながらお伝えしています。

レーザー治療をすると傷跡は残る?

レーザー治療は傷跡がほとんど残らない治療法であることを、従来の外科的切開手術の内容と比べながら説明しています。

後遺症が残ることはある?

レーザー治療による後遺症が起きたケースは極めてまれなうえ、症状の軽減が得られなかった症例もごく少数です。その理由を解説しながら、後遺症を防ぐ方法もしっかりお伝えしています。

椎間板ヘルニアのレーザー治療の痛み・
傷跡について詳細を見る

ヘルニアの切開手術とレーザー治療の違いは?

椎間板ヘルニアの切開手術とレーザー治療の違いについてご紹介しています。

レーザー治療は、ヘルニア治療に効果的な最先端の治療法ですが、メリットだけではなく、デメリットやリスクも少なからず存在します。そのような点を踏まえながら、従来の外科的治療方法である切開手術と比較し、両方の治療の違いや患者さんの体にかかる負担をみていきます。

椎間板ヘルニアのレーザー治療と切開手術の
比較表

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
名医が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ