PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

椎間板ヘルニアを簡単に日帰り治療!オススメレーザー治療医院ナビ » 椎間板ヘルニアを部位別に紹介 » 椎間板ヘルニアと首の痛みの関係性【注射やレーザー治療で対応】

椎間板ヘルニアと首の痛みの関係性【注射やレーザー治療で対応】

椎間板ヘルニアと首の痛みについて

首の痛みが症状として出るのは、頚椎椎間板ヘルニアが原因かもしれません。首にある椎間板が飛び出すことにより、神経を圧迫することで痛みが発生するという仕組みです。老化による椎間板の劣化が原因の一つとされ、強い負荷が長い間かかることでも発症のリスクが高まります。胸や背中に痛みが発生するケースもあり、痛み以外にも肩こりが症状として現れるのが特徴です。

症状が進行していくと、腕や手に痺れを感じるようになります。神経が圧迫されることで、うまく体の機能が働かなくなるからです。握力低下や筋力低下も起こる可能性があり、ブロック注射や手術などによる治療が必要となります。

首のヘルニアの症状を和らげる方法

軽度のヘルニアであれば、保存療法を勧められるでしょう。薬や注射による治療から、コルセットを使った矯正などがあります。ただ、保存療法はヘルニアの原因である椎間板をどうにかするわけではありません。痛みの緩和として行われる治療なので、重症化した場合は効きづらくなります。

手術をする場合、切開治療やレーザー治療などから自分の状態や生活に合った手術を選びましょう。切開治療であれば体への負担が大きく入院が必要になりますが、保険が適用されるので金銭的負担は軽減できます。一方、レーザー治療は保険が適用されないため、費用は全額自己負担です。ただ、体への負担が切開治療より軽く、日帰りで手術を受けられるメリットがあります。

首に負担がかかることとは?

スマホやパソコンを見る時、人は首を曲げた姿勢になりがちです。その状態が長時間続くことで、普段から首へ強い負荷がかかります。デスクワークをしている人やスマホを見る時間が長い人は、その時自分の首が曲がっていないか確認してみましょう。椅子に座って作業をする際は、背筋を伸ばしアゴを引くことで負担を軽減できます。

また、ラグビーやレスリングのような激しくぶつかり合うスポーツなども首に負担をかけやすいので要注意。瞬間的に強いダメージを受けることもヘルニアの原因となるためです。首に違和感や痛みを感じた際は無理をせず、休憩しましょう。

違和感があるなら医師に相談しよう!

安静にしていても首の違和感が取れない、痛みがいつまで経っても消えない。そういった症状がある場合は、できるだけ早めに医師へ相談してください。もし頚椎椎間板ヘルニアであった場合、進行すると手足の麻痺や排尿障害を起こします。仕事や生活に影響を及ぼさないためにも、まずは専門のクリニックを探してみることから始めてみましょう。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ