PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

椎間板ヘルニアと腰の痛み関係性

椎間板ヘルニアと腰痛について

椎間板ヘルニアは、椎間板の中心部にあるゼリー状の髄核という部分が一部飛び出すことで神経を圧迫してしまう症状です。主に10~40代と比較的若い世代に見られる傾向にあります。ほとんどのケースで腰に違和感や痛みといった症状が起きることが多いようです。発症の原因として遺伝・椎間板の老化・喫煙などがあげられます。また重いものを持ち上げる・体をひねる・引っ張る・長時間座りっぱなしといった動作が原因のひとつのようです。

腰のヘルニアの症状を和らげる方法

腰の椎間板ヘルニアの治療には、手術療法と保存治療の2つのパターンがあります。手術療法は、直接椎間板を摘出する「切除術」や、レーザーを用いて椎間板の圧力を抑えてヘルニアを引っ込ませる「PLDD治療」などがあります。切開術は、数ミリ程度の切開ですむ施術であれば負担が少なく、日帰りで治療可能。しかし、切開の範囲が大きいほど、体の負担が大きくなるので、場合によっては長期入院が必要になります。

保存療法には、安静治療や薬剤、けん引治療、麻酔薬を使用した神経ブロック療法などがあります。あくまで症状を軽度に抑える治療法であり、ヘルニアによる神経の圧迫を直接取り除くわけではありません。激しい症状や麻痺などの重度の症状でなければ、保存療法からはじめるといいでしょう。

腰に負担がかかることとは?

腰に負担をかけないようにするためには、常に正しい姿勢を保つことが大事です。理想的な姿勢は、S字状カーブを保っている状態のこと。S字状のカーブが崩れると腰椎に負担がかかり、症状が悪化してしまいます。なので、腰のそらすクセのある方や猫背の方は日頃から姿勢を意識する必要があります。

また、正しい姿勢を保ったままの動作も重要。立つときはへそを引っ込め下腹を引き上げるイメージで立ちます。座るときは、膝の高さと足の付け根の高さをそろえ、深く腰掛けるようにしましょう。

違和感があるなら医師に相談しよう!

腰椎椎間板ヘルニアは症状が悪化してしまうと手術が必要になります。手術を受け重いものを持ったり、無理な運動や姿勢を避けたりすれば、普段と変わらない日常生活を送ることは可能です。しかし手術は体に大きな負担をあたえ、経済的な負担にもつながります。悪化する前に少しでも腰に違和感があれば、医師に相談してみましょう。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ