PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

背中および胸椎と椎間板ヘルニアの関係性って?

椎間板ヘルニアと背中・胸椎の痛みについて

椎間板ヘルニアの症状として、背中や胸椎(脊椎の一部)の痛みが挙げられます。脊椎内でクッションの役割を持つ椎間板が神経のあるほうへ突出することで、神経を圧迫。結果として、背中の痛みや下肢のしびれを発生する病気です。その他の症状として歩く際に足がもつれる、下肢に脱力感があるなどがあります。重症化すると膀胱障害が発生。尿が出ない、出しても残尿感を感じる場合は症状が進行している証拠です。

背中・胸椎のヘルニアの症状を和らげる方法

投薬治療やリハビリなどでは、下半身のしびれを緩和できません。治療をする場合は、手術での対応となります。手術は椎間板の一部を切り取る前方固定術と後方除圧術の2種類です。どちらも椎間板と一部の骨を切除します。その後、切開して空いた部分に自分の腰骨や金属などを移植して固定すれば完了です。

どちらの手術も高い技術力が必要とされ、結果として神経麻痺が残る可能性があります。しかし、放置しておくと麻痺が進行してしまうため、止めるには早めに手術を受けなければいけません。

術前診断での発見が難しい病気で、見つけるにはMRIを使った検査が必要です。手術が必要と判断された場合には、CT検査も行います。

背中・胸椎に負担がかかることとは?

悪い姿勢が長時間続くと、背中および胸椎に負担がかかり、ヘルニア発症のリスクを高めてしまいます。腰を深く曲げるほど、椎間板にかかる圧力は増加。座りっぱなしの時間が長いデスクワークであれば、猫背にならないように注意しなければいけません。腰を伸ばし、アゴを後ろに引いた姿勢を保つことで負担を軽減できます。ただ、座り続けているとどうしても腰が曲がってくるので、1時間に1回は立つ時間を設けましょう。

重労働や激しいスポーツでも、背中や胸椎に強い負担をかけてしまいます。特に強くぶつかり合うラグビーやアイスホッケー、重いものを持ち運ぶ運送業などです。痛みを感じた際は、無理をせずに休憩するようにしてください。

違和感があるなら医師に相談しよう!

背中に痛みを感じる、歩くときに足がもつれてしまう。そんな症状を感じるようになったら、迷わず医師に相談しましょう。特に歩行障害や膀胱障害が発生した際は重症化している可能性が高いため、早めの相談が重要となります。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ