PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

椎間板ヘルニアを部位別まとめ

椎間板ヘルニアは、椎間板の中にある髄核というゲル状の組織が背側にとびだしたことで、首・背中・腰にかけて起こる症状です。こちらでは、各部位ごとに分けて詳しく解説していきます。

椎間板ヘルニアと腰痛について

主に10~40代の若い年代に多く発症する腰椎椎間板ヘルニア。突然発生するタイプと慢性的にじわじわと発するケースがあるようです。椎間板ヘルニアになると神経が圧迫されて立ち座りなどの動作が困難になり、神経に負荷が加わることで腰痛や脚の痛みを発します。場合によっては足のしびれや麻痺、足の冷えなどのさまざまな症状を起こすことも。発症する原因として考えられるのは、日頃の姿勢です。人間の正しい姿勢は負担を軽減するためにS字状のカーブになっていますが、その正しい姿勢を崩すことで椎間板に大きな負担をかけてしまいます。

こちらでは、腰の椎間板ヘルニアの特徴や症状を緩和させる方法などについて紹介しています。

椎間板ヘルニアと腰痛について詳細を見る

椎間板ヘルニアと首の痛みについて

頸椎には脊髄とよばれる神経組織が通っており、脳からの信号は脊髄を介して手や足に伝える役割があります。各頸椎の間に上下の頸椎を支えるクッションの役割を持つ椎間板が存在しており、この椎間板が突出して、各神経を圧迫される症状が頸椎椎間板ヘルニアです。加齢による変性や激しい運動、正しい姿勢を保っていないなど、腰椎と同じように椎間板への圧力が原因と考えられます。そのため、ラグビーやアメリカンフットボールのような相手と直接接触するスポーツ選手にも多いようです。

こちらでは、腰椎椎間板ヘルニアの特徴や症状を和らげる方法、気を付けるべきことなどの詳細をまとめています。

椎間板ヘルニアと首の痛みについて詳細を見る

椎間板ヘルニアと背中の痛みについて

椎間板ヘルニアは腰や首のイメージが強いですが、胸椎(背骨)椎間板ヘルニアも存在します。脊髄や末梢神経が突出した椎間板によって刺激されることで、しびれや麻痺、痛みなどが生じます。

背中に痛みを生じることもありますが、下肢のしびれや脱力感を感じて気づくことが多いようです。気づくタイミングとしては歩行時の足がもつれや、階段を降りるときに手すりに頼ることが多くなること。進行すると更なる症状を引き起こします。

こちらでは、胸や背中部分の胸椎椎間板ヘルニアの症状や原因などについて詳しくまとめました。

椎間板ヘルニアと背中の痛みについて詳細を見る

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ