PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

【椎間板ヘルニア】投薬治療の費用相場

薬の処方や注射で対応する投薬治療。痛みを緩和させるために行い、初期の椎間板ヘルニアによく用いられる治療法です。このページでは、投薬治療に保険は適用されるのか、費用に関してどのようなメリットがあるのかを紹介します。

投薬治療の費用相場

治療名 手術費 入院費/1ヶ月 トータル
投薬治療 1回数千円 0円 約4万円

保険適用の有無

椎間板ヘルニアの治療に処方されるアセトアミノフェンやプレガバリンには、保険が適用されます。投薬治療でより費用を抑えたい場合は、この2つを処方しているクリニックに相談してみましょう。

費用に関するメリット

他と比べて安いことがメリットとして挙げられます。手術が数十万円する中で、投薬治療は1回数千円とかなりの差額です。投薬治療は、入院の必要がないため、そのぶん入院費がかからないのもメリットの一つ。薬を注射器で投与する場合は安静にしなければなりませんが、30~40分程なので治療時間が短時間で済みます。症状が軽度の場合であれば、投薬治療を選択するのが良いでしょう。

投薬治療のデメリット

症状が進行している場合だと効きづらく、何度も処方してもらうとそのぶん費用が重なってしまいます。何度もやったうえで手術しなければならないと判明すれば、より金銭的負担が大きくなるのが辛いところです。薬を処方・注射してもらうために通院が必要であることも考えた場合、交通費もかかってしまいます。

トータルの費用

何度か通うことを考えた場合、トータルで数万円かかる可能性があります。入院日がいらない代わりに、交通費がかかるものです。また症状が軽度であれば数回で済みますが、重症である場合は効果に期待ができないのが難点です。症状が進行しているなら、早い段階で手術を検討しておくことが重要となります。

どんな治療を受けるにしても、まずは専門の医師に見てもらうのがおすすめです。本当に自分にその治療法が適切か、細かく話し合って決めるようにしましょう。しかし、投薬治療と違い手術は一度に多額の費用が必要になります。手術を検討する際は、医師だけでなく家族とも話し合ったうえで決めなければいけません。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ