PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

ブロック注射治療

ブロック注射療法とは

ブロック注射療法とは神経根ブロック注射とも呼ばれ、神経の周辺に局所的に麻酔を注射し痛みを和らげる治療法です。麻酔により痛みの経路を素早く断ち切り痛みを除きます。痛みが和らぐと同時に筋肉のこわばりや血流が次第によくなります。

ブロック注射治療は行う前にカウンセリングで痛み方や、場所、どれくらい痛むのか、患者の病歴、の確認をして、必要があればレントゲンを行い、内部の状態がどうなっているのかも確認します。ブロック注射治療は身体の深い場所に麻酔をするためレントゲンで内部の状態をみながら施術を行います。

カウンセリングの後に担当医だけではブロック注射治療が難しいと判断した場合は、他の科の医師と協力して治療をします。そのため特定の施設を備えた医院でしか行うことができません。

椎間板ヘルニアの治療ではこの神経ブロック治療が注目されており多くのヘルニア持ちの患者から支持されている治療です。

ブロック注射のメリット

メスを入れないため体への負担が少ない

ブロック注射は痛い場所の神経の近くへ直接麻酔をすることで一定期間痛みにより興奮した神経を麻痺させて痛みの情報を一時的にブロックします。ブロック注射治療を行うことによって、椎間板ヘルニアの痛みを感じなくさせられることができるのです。また注射する場所を細かく設定することができ、骨が変形していたり、痛くて背中を丸くできなかったりしても速やかに対応できる柔軟性をもっています。

自然治癒能力をサポートすることも

ブロック注射をした部分は筋肉がほぐれ、血流が改善します。その結果、血液が酸素やたんぱく質などの栄養素を痛い部分に運び、自分で自分を直そうとする自然治癒力をサポートします。

補助的な注射が追加できる

ブロック療法にはいくつか種類があり、椎間板ヘルニアの症状によりつかいわけることができます。大きく分けると3種類、星上神経ブロック、硬膜外ブロック。トリガーポイント注射です。椎間板ヘルニアで多く用いられるのは星状ブロック注射で首の付け根、喉のあたりにある交感神経を局所麻酔によって機能を一時的に抑える方法です。

ブロック注射のデメリット

ブロック注射は、痛みがある神経の近くに注射をするので、血管や神経の損傷によるまひや痺れ、痛みを生じるケースが報告されています。また数ミリ単位で注射のする場所の位置調整も必要ですので医師の技術力が問われます。

ブロック注射の効果は限定的

椎間板ヘルニアの症状によりブロック注射の持続時間がことなり、数時間から数か月と効果が限定的です。痛みが再発した場合は再度通院して施術してもらう必要があります。

症状が重症化した人は施術回数が多くなる

椎間板ヘルニアの症状が重症化してからブロック注射を施術した場合持続時間が短く、何度も通院しなければならなくなります。そのぶん費用がかさむのもデメリットのひとつです。

ブロック注射治療の流れ

ブロック注射前の準備

待合室で血圧測定をした後にレントゲン室で台の上でうつ伏せになり、注射する部分をレントゲンで確認します。その後注射する腰の部分を消毒します。

ブロック注射

消毒したあとレントゲンで確認した部分にブロック注射を行います。

ブロック注射後は安静に

手術が終了してからの移動は車いすまたはストレッチャーでベッドまで移動し、30分間程安静状態を保ちます。ベッドに移動した後、血圧測定や経過観察があります。安静状態が終了したのちに医師がブロック注射の効果を確認し、施術完了になります。

費用の目安

ブロック注射をする部位と種類で治療1回の価格は1000円~4000円と変動しますが、保険料3割負担で計算すると、初診は約4900円(初診料、レントゲン検査費用を含む)。再診については約2900円となっています。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ