PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

手術成功率で比較する

椎間板ヘルニアレーザー治療の成功率をチェックする

椎間板ヘルニアの治療にPLDD(レーザー治療)が有効と知ってはいても、成功率や合併症などの面で不安になっている方もいらっしゃると思います。ここでは、PLDDの成功率や合併症が発生するリスクについてまとめています。

PLDDの治療成功率はどのくらいなのか

PLDDを開発したDaniel Choy氏の最新の研究データによると、治療成功率は70~89%とのこと。PLDDが行われるようになってから23年間で、ヘルニアの再発率は4~5%という結果になりました。

上記の研究データを見ると、高い成功率を誇っていると言えるでしょう。気になる合併症に関しての発生率は4~5%。重大な合併症を引き起こす可能性は、ほとんどないと言えます。

しかし、絶対に熱傷性脊椎炎、創部感染といった合併症に感染しないと断言はできません。この手術方法が誕生して20年弱なので、まだまだ不明なところもあります。

体への負担を最小限におさえつつ、高い効果が期待できる治療が可能なのは魅力的。ヘルニアの痛みにお困りの方は、PLDDを検討してみてはいかがでしょうか。

一般的な成功率より高い数値を出しているクリニックを探そう

当たり前ですが、手術を受けるなら、なるべく成功率が高いクリニックを選びたいところ。ここではPLDDの成功率が高く実績が豊富な伊東くりにっくについてお伝えします。

驚異の成功率94%以上、失敗率0%

PLDDの専門医として知る人ぞ知る伊東くりにっく。10歳から90歳近い高齢者まで幅広い年齢層から支持されており、症例数といった実績が圧倒的に多いのが特徴です。

伊東くりにっくのPLDD成功率は94%以上をキープ。失敗率に関しては驚異の0%とのこと。

PLDDを開発したDaniel Choy氏による最新の研究データでは、成功率は70~89%なので、平均よりも高い成功率を誇っていることが分かると思います。

成功率の高さもさることながら、失敗率が0%ということも注目すべきポイント。担当医の手腕や手術後のアフターフォローの体制が整っていると考えてよさそうです。

また、切開をしない手術方法なので、出血がほとんどなく、縫合といった作業もないので体に傷がほとんど残りません。手術時間に関しても、局所麻酔を使用し5分から10分で完了するとのこと。痛みもほとんど感じないですし、10分程度で終わるので、手術に関してネガティブなイメージを持っている方でも受けられるのではないでしょうか。

さらに、術後の回復も早いので、日常生活や仕事への復帰が早期に行える点も魅力と言えます。伊東くりにっくが気になる方は、一度公式サイトをのぞいてみることをおススメします。

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
名医が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ