HOME >  椎間板ヘルニアのレーザー治療辞典 >  ストレッチで椎間板ヘルニアは治るの?

ストレッチで椎間板ヘルニアは治るの?

椎間板ヘルニアに効くストレッチについてご紹介しています。

ストレッチで椎間板ヘルニアは改善出来る?

ストレッチは、比較的症状が軽ければ効果があるようですが、すでに進行していたり、重度の場合は、やはり医師に相談したほうが良さそうです。しかし、ストレッチは術後の治療や再発予防としても効果があるので、オススメです。

椎間板ヘルニアを改善するには、体の歪みやねじれを治して、椎間板全体に圧力が分散されるようにすることが重要となってきます。それによりヘルニアの再発防止になり、生活習慣の改善に繋がります

「長い間、椎間板ヘルニアで悩んでいる」「保存療法の治療を2ヶ月以上受けても改善がない」などの症状がある場合は、軟性椎間板ヘルニアか硬性椎間板ヘルニアの可能性があり、手術が必要になります。

必ず脊椎に関する治療を専門的に行っている専門病院で、多くの手術経験のある医師に診察を受けることをオススメします。脊椎に関する診断はとても誤診が多いので、注意して病院を選びましょう。

ヘルニアに効くストレッチとは

椎間板ヘルニアを改善するストレッチには、一人でできるものと、二人で協力して行うものがあります。

相手にやってもらうことにより痛みが少なくなる場合もあります。椎間板ヘルニアに効果的な「一人or二人で行うストレッチ法」についてまとめてみました。

一人で行うストレッチ

  • まず、仰向けになり腹式呼吸を30回行います。
  • 右足を曲げて抱え込み、左足を30秒伸ばします。
  • 次に両足の膝を立てて腰を上げ、腹式呼吸で息を吐きます。(痛みがある場合   はやらなくて大丈夫です。)
  • 膝を立てたまま、左右に上半身を倒します。各20回。
  • そのまま膝を立てながら首を上げ、腹式呼吸で息を吐いて腹筋を鍛えます。これを30回行います。

反対側も行います。毎日行うと効果的です。

二人で行うストレッチ

患者さんともう一人の人が協力してストレッチを行います。

患者さんはちょっとした動作でも腰に負担が掛かるので、なるべく協力者の方がやってあげるようにしましょう。ここでは分かりやすいように患者さんも動作を行うこととします。

  • 患者さんは仰向けになり、両膝を立てます。協力者はその足元に立ち、両膝に手を当てゆらゆらとゆすって背骨と骨盤を調整します。
  • 患者さんは右膝を曲げたまま、左足を伸ばします。協力者は右膝をゆすって腰の緊張をほぐします。
  • 再び患者さんは両膝を立てます。協力者はその両膝をつかんで、無理のない程度に上半身へ倒し、ゆっくり脚を開いていきます。

これを反対側も行います。

ストレッチや毎日の生活での注意点

痛い部分に強い負荷をかけてストレッチを行えば、症状が悪化する原因にもなりかねません。注意すべき点を把握した上で、適確なストレッチを行いましょう。

  • 痛みのない範囲で行うストレッチは、痛みを我慢して行う必要はありません。そのほうが早く痛みが取れるのだそうです。普段から痛いと感じる姿勢や動作は行わないようにしましょう。
  • 適度な回数でストレッチ一度に集中して回数をこなせば良くなる、という訳ではありません。1回やってみて、2回目をするときには30分以上時間を空け、1日数回に分けて行うと効果的です。
  • 生活での注意点なるべく0時前には就寝し、7時間以上睡眠をとるようにしましょう。少しでも横になる時間を増やして、椎間板に重力がかかる時間を減らしてあげることが重要です。

以上の点に気をつけて、無理のないように行ってみて下さい。