PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

PLDDの費用相場と保険について

椎間板ヘルニアのレーザー治療は最先端医療のため、健康保険は適用されません。そのため、治療にかかる費用は全額自費負担となります。ここでは、その費用相場や切開法と比べてどちらの費用負担が軽いのかまとめました。

椎間板ヘルニアのレーザー治療にはいくらかかる?

治療名 手術費 入院費/1ヶ月 トータル
PLDD治療 40~50万円 0円 40~50万円
切開治療 10~20万円 30~40万円 40~60万円
投薬治療 1回数千円 0円 約4万円
ブロック治療 1,000~4,000円 0円 5,000~2万円
内視鏡下手術・MED 約22万円 約3万円 約25万円
enSpire
(エンスパイヤー)法
60~70万円 10~20万円 70~90万円

治療費では、PLDDが高くなるものの、入院費も込みで考えてみるとトータルではPLDDの方が安くなるという結果になりました。

なぜPLDDは費用が高額なのか

  • 透視装置・レーザー装置が最新の機器であり非常に高額
  • 治療に使用するレーザーファイバーが高額(しかも使い回しができない)
  • 高度な技術が必要とされる治療のため、専門医師による施術が必要 etc…

PLDDは最先端の治療法。保険適用外のため自由診療となり、全額自己負担となります。自由診療は、高額になりがちなので敬遠する方もいます。しかし、金額の設定が自由に決められてしまう診療ではなく、患者側が効果のある治療を自由に受けるための制度でもあるのです。

クリニックによって価格設定の基準はさまざまあるようですが、「治療費」「検査費」等すべての費用が含まれた金額で、およそ40~50万くらいが相場。また、その道に精通しているベテラン医師の施術や最新設備による画期的な施術法など、クリニックによっては諸費用のほかに「付加価値的費用」等がプラスされる場合もあります。そのようなクリニックは、大体50万を超えるところがほとんどのようです。切開法の治療費が約10~20万円と考えると、倍以上の金額になります。

しかし、最新鋭の装置や機器、高度な技術を持った専門医による施術など、高額になるだけの理由があります。しかし、各種制度を利用して、費用を軽くすることは可能です。「医療費控除」「手術給付金」の利用により、クリニックによっては安く治療を受けられます。

※「医療費控除」の額は、収入額によって異なります。また、「手術給付金」は加入の生命保険会社への問い合わせが必要です。

伊東院長画像

伊東信久先生

手術金額だけで見るとレーザー手術は確かに高額ですが、入院やお休みの期間も含めて考えると、トータルで見た出費は他の手術と比べてそれほど差はないのかもしれません。
逆をいえば、レーザー治療を行っているのに安すぎる料金設定をしているクリニックには注意が必要。レーザー治療の金額の差は、医師の「技術料の差」です。
手術料金が安すぎる場合、医師の経験が浅い可能性があります。せっかく最新医療で治療を受けたのに、まったく効果が出ずに2度、3度と手術が必要になってしまっては、元も子もないですよね。

PLDD費用の注意点と相場

レーザー治療であるPLDDは、部位や照射の数によって料金が設定されていることがほとんどです。症状の重さによって、照射部位や回数は変わってきます。治療をはじめる前には、クリニックごとに設定されている料金と自分の症状を照らし合わせて、いくらぐらいかかるのか確認しておきましょう。

注意したいのは、安価な価格設定のクリニックです。1回ごとの料金が安く設定されているので魅力的に映りますが、「検査費」や「術後指導料」といった名目で別途費用が請求されることがあります。安すぎるなと思ったら、事前に問い合わせて総額がいくらぐらいになるのか聞いておきましょう。中には悪質なクリニックもあるでしょうから、気を付ける必要があります。

そのため、そうした手間のかからない明確な料金設定をしているクリニックを選ぶのがいちばん。自分の体を直してもらうのですから、信頼できるクリニックを見つけることが重要です。

レーザー手術の費用相場は?

PLDDの治療費の相場は40~50万円ほど。保険が適用されないため、全額が患者の負担になります。切開手術と比較すると、差額はかなり大きく感じられるでしょう。ただし、PLDDは入院やリハビリの必要がなく、早期に職場への復帰が可能です。傷病手当を必要としないため、それまでと同様に給与も受け取れます。つまり、治療費以外の費用がかからないのです。

切開手術の費用相場は?

切開手術を受けたときの入院費用を統計データを元に計算したところ、一日につき4万1,800円かかることが分かりました。入院費用は保険が適用されるため、自己負担額は3割です。結果、1ヶ月あたりの入院費用を割り出すと、37万6,200円必要になります。

月収のマイナス分も含めて計算すると、切開手術で入院した場合は「37万6,200円(1ヶ月の入院費用)+治療費(10~20万円)」が必要で、この金額に傷病手当金の差額10万円が加算されるので、1ヶ月あたり約57~67万円が切開手術を受けたときの負担となります。

さらに、傷病手当金の申請には医師の診断書が必要です。診断書の発行には大体5,000円がかかります。少しでも費用を抑えたい方にとって、5,000円も大きな出費と言えるでしょう。

投薬治療の費用相場は?

投薬治療にかかる費用は1回数千円程度です。薬の効果によって痛みを和らげ、リハビリをして自然治癒力を高めることによってヘルニアを治療します。薬の効果がきれて痛みが再発した場合は、もう一度薬を投与して痛みを抑えるのです。そのため、リハビリ期間が長くなるほど投薬治療の費用額は大きくなります。

投薬治療は、PLDDや切開手術と異なって時間がかかりやすく、ヘルニア自体にアプローチする方法ではありません。薬の効果が切れる度に薬をもらうよりも、直接ヘルニアにアプローチできる方法を選ぶほうが長期的にみてコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

ブロック治療の費用相場は?

ブロック治療の費用相場は種類や注射する部位によって異なり、1回あたり1,000~4,000円となっています。頻度は1週間の1回。合計4~5回ほど治療を受けるのが一般的です。そのため、ブロック治療のトータルの費用は、5,000~20,000円ほどです。しかし、ブロック治療は自然治癒力をサポートする方法なので、症状が重症な人ほど何度も注射しなければなりません。また、自然治癒力で完治できない場合は、最終的にレーザー治療や切開手術でヘルニアにアプローチすることもあります。

内視鏡下手術・MEDの費用相場は?

MEDは内視鏡を用いて治療するため、従来の切開手術よりも傷が小さくて体への負担が少ないのが特徴です。保険が適用されるため、30%の自己負担率で入院期間が7日間の場合25~30万円ほどが費用相場です。保険が適用されれば比較的安い費用ですが、術後に調子を悪くして入院期間が長くなると入院費用がかかることもあります。

enSpire(エンスパイヤー)法の費用相場は?

enSpire法にかかる費用は64万円ほどです。健康保険が適用されない治療法なので手術費や入院費、検査費といった費用の全てが自己負担となります。

enSpire法は、針で患部の軟骨を削って飛び出た部分を引っ込める治療方法です。細い針を使うため、傷跡が非常に小さく日常生活へ早く復帰することが可能。1~2日の短期入院で手術が受けられ、ヘルニアが再発する確率が低いのが特徴です。

SELDの費用相場は?

SELD の費用は90万円です。保険適用外で自費診療のため、多額の費用が必要となります。局所麻酔で体への負担が少なく、当日退院や1日入院と短期間で治療を受けることができるため、若いアスリートから高齢者まで幅広く対応できる治療法です。

鋏(はさみ)のような形状の医療器具「小鉗子(かんし))と、レーザーを用いて治療を実施。3mmの内視鏡を用いるため、傷跡は目立ちません。

トータルで考えると高いわけではない

入院、リハビリが不要

PLDDは、針よりも細いレーザーファイバーを患部へ挿入して治療を行います。傷口が小さくて済むため入院の必要がなく、合併症のリスクも低いのが特徴です。さらに、リハビリも不要で、早ければ手術から3日後には職場復帰できます。また、1週間ほどで運動や飲酒なども可能なほど、体への負担が少なくて済みます。

リハビリが不要ということは病院に通う交通費もかからないため、手術から復帰までをトータルで考えてみると切開法に比べPLDDの方が費用負担は少なくて済むケースが多々あります。

長期間休む必要がないため収入が減らない

椎間板ヘルニアの手術をして入院となれば、仕事を長期に渡って休む必要があります。有給が残っていれば、給与をもらいながら休むことができますが、そうでない場合は傷病手当が会社から支給されるでしょう。傷病手当は給与の約三分の二が支払われます。単純計算で、月30万円もらっている方なら、傷病手当で20万円が支給されるということ。つまり、収入がマイナス10万となってしまうのです。

仕事が原因で椎間板ヘルニアを発症したと認められた場合は、傷病手当ではなく労災認定が受けられます。しかし、それでも給与の8割までしか保証されません。

手術費用や入院費がかかるうえに、給与の額が減ってしまうのは大きな負担です。

家族への負担を軽減できる

入院やリハビリは、患者本人だけではなく家族にも負担がかかってしまいます。それを危惧して、ヘルニアが悪化してもなかなか手術に踏み切れないという方もいるでしょう。

本来、手術となれば金銭的な負担はもちろん、入院中の家事や育児、お見舞客への対応、患者本人の世話といった肉体的・精神的なプレッシャーもかかってきます。PLDDであれば、そうした負担を家族にかけることなく椎間板ヘルニアの治療が可能です。

さまざまな負担が軽減されるPLDDという選択肢

PLDDの治療費用は高額ですが、入院やリハビリが不要なため、トータル的に考えるとお得です。手術を受けたその日に帰れるくらい短期間での治療が可能というメリットもあります。入院費やリハビリ期間などがネックになって椎間板ヘルニアの治療を受けられないと考えている方は、PLDDを検討してみてはいかがでしょうか。

PLDDを受けるなら名医探しが大切

PLDDを受ける際に、単に椎間板ヘルニアの治療を行なっている医師を選んでしまうのはNGです。脊髄は全身の神経が通っている重要な部位のため、医師選びは慎重にならないといけません。医師の腕によって手術の成功率が左右されるので、症例数の多さや優れた技術を持っている医師を選ぶようにしましょう。

多くのクリニックの公式サイトには医師の経歴が掲載されているので、病院にかかる前にチェックしておくと良いですよ。また、腰の痛みが強い場合は、痛みのコントロールをしてくれる医師かどうかも大切。麻酔科の経験やペインクリニック学会に所属している医師は、比較的痛みに関して深い知識を持っているので、なるべく痛みの少ない治療を行なってくれるでしょう。

PLDDの名医はなかなかいない

PLDDは日本ではまだそれほど普及していない手術方法です。PLDDを提供してる病院が少ないので、名医を探すのは大変。

そのPLDDを得意としているのが当サイト監修医の伊東医師です。PLDDにおいて14,000件以上の手術を行なってきた日本有数の実績を持っています。手術成功率は95%と高いのも魅力です。PLDDの豊富な経験と深い知識を持つ名医と言えるでしょう。

PLDDを受けてみようと考えている方は一度相談してみてはいかがでしょうか?

PLDDの名医伊東医師について詳しくはこちら

関連するページ

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
名医が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ