HOME >  椎間板ヘルニアのレーザー治療辞典 >  治療が難しいケースとは?

治療が難しいケースとは?

ここでは、レーザー治療では完治が難しい椎間板ヘルニアの状態について説明しています。

レーザー治療では完治できないヘルニアもある?

結論からいうと、残念ながらレーザー治療はすべての椎間板ヘルニアに効果的とはいえません。椎間板ヘルニアの症状の程度は、「椎間板がどれだけ飛び出してしまっているか」が判断の基準になります。

レーザー治療がもっとも効果を発揮するのは、椎間板の飛び出しが比較的少ない軽度のヘルニアといわれています。

飛び出している部分がとても大きい場合は、レーザー治療で椎間板内の圧力を減らしても飛び出した髄核が引き戻されない場合が多いため、完治が難しいとのこと。

いずれにしても、自分のヘルニアの程度はどのくらいなのか、どのような治療法が向いているのかを医師にしっかり聞き、そのうえで、早期回復を希望する方はPLDDでの治療法を相談するのがよいでしょう。

また、長期入院を避けたいなど、外科的手術を受ける前の診断的治療として、PLDDを受けるという考え方もあります。クリニックには無料相談を受け付けているところもたくさんありますので、これを利用して色々相談してみるのもいいでしょう。

効果が保証されているわけではない

レーザー治療は、軽度の椎間板ヘルニアに対しては効果が期待できますが、それでも確実によくなるという保証はありません。場合によっては、あまり効果が見られないという可能性もあります。

これは椎間板ヘルニアのレーザー治療に限ったことではなく、すべての医療に対していえること。

ですがPLDDは保険の適用もきかず、高額費用がすべて自費負担となる治療法ですので、治療を考えている方は、期待通りの効果が得られなかった場合のリスクも踏まえてしっかりと検討・考慮する必要があります。