PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

レーザー治療の効果

ここでは、椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)のメリットを説明していきます。

痛みがほとんどない椎間板ヘルニアのレーザー治療

椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)は、痛みをほとんど感じることなく治療を受けることができます。

治療では、皮膚の上から数ミリの針を刺して椎間板内の髄核にレーザーを照射し、髄核の一部を蒸散させて空洞を作ります。この空洞を作ることで、椎間板内の圧力が減り、ヘルニア(痛みの原因となっていた出っ張った髄核)が引っ込み、神経への圧迫を解消・軽減させます。

「針を刺したらやっぱり痛いじゃな~い!」とおっしゃる方もいるかと思いますが、レーザー治療で使用する針はとても細いうえ、局所麻酔をかけてから刺すので、痛みを感じることなく治療を受けられるのです。

伊東院長画像

伊東信久先生

PLDDは、切開をしないという特徴があるため、患者さんの負担は大幅に軽減されます。麻酔の針とレーザーファイバーを刺すだけですので、出血がほとんどなく、縫合の必要もありません。

治療時間が短い・持病があっても大丈夫

従来の手術では、手術時間に最大約2時間、入院期間が約1ヵ月と、治療に多くの時間がかかりました。ですがレーザー治療は手術時間が5~15分、入院期間なしという短時間での治療が可能です。

また、従来の手術は全身麻酔をかけて行いますが、レーザー治療の場合は局所麻酔のみで済むので、身体にかかる負担もぐんと少なくなります。ですので、高血圧や糖尿病、腎障害などの持病を持っている人でも安心して受けることができるのです。

伊東院長画像

伊東信久先生

PLDDは、合併症の心配がない椎間板ヘルニア治療法です。糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧などの持病をお持ちの方でも、安心して治療が受けられます。

日帰りでの治療が可能

従来の外科手術の場合は、全身麻酔で切開をしてから椎間板の出っ張っているところを切除するのが一般的でした。対して、PLDDの場合は全身麻酔も皮膚の切開も必要なく(局所麻酔は必要)、椎間板の出っ張りをレーザーで焼いてしまいます。

そのため身体への負担が少ないのはもちろん、椎間板や周囲の組織に損傷を与えることもほとんどありません。長期の入院やリハビリなどが必要なく、術後は30分~1時間程度の休憩をとるだけで、その日のうちに帰宅、翌日から仕事復帰が可能なのです。

伊東院長画像

伊東信久先生

身体的負担が少なく、切開も行わない手術のため、術後1時間ほどの休息をとっていただくだけで帰宅することが可能です。

【椎間板ヘルニアのレーザー治療と従来の外科手術の違い】

レーザー手術 従来の外科手術
手術時間 約5~15分 約30分~2時間
麻酔 局所麻酔 全身麻酔
皮膚切開 必要なし 必要あり
入院期間 即時帰宅が可能 最大1ヵ月(リハビリが必要な場合も)

PLDDの治療後、どのくらいで効果が出るのか

治療の効果には、かなりの個人差があるようです。早い人であれば治療後、数時間で効果が現れる場合もあるようですが、数年後にやっと効果が現れたという人もいるそうです。

ただし、椎間板ヘルニアと言っても、手術が必要な場合もあれば、ほったらかしにしておいても自然に治ってしまう程度のものまであります。また、他の原因で腰痛を起こしている可能性もあります。

まずはしっかりと病院で調べてもらい、適切な治療を受けることが大切です。

伊東院長画像

伊東信久先生

私も、効果の現れ方は人それぞれだというお話を必ずお伝えしています。すぐにスタスタ歩かれる方もいれば、半年後に完治するといった方もいらっしゃいます。焦らず経過を見ることも大切なことです。

PLDDの治療のデメリットとは

PLDDは健康保険の適用にはなっておらず、治療費の負担がかかる自由診療となってしまいます。また、椎間板ヘルニアの部位や状態によっては、PLDD治療にかかる費用も変わってしまいますし、重症例には無効です。

治療効果が完全に予測できないこともあるうえ、医療機関による治療成績の差が大きい可能性も否めません。さらに治療後、最低でも1週間は激しい運動が禁止されてしまうので、生活が制限されます。

伊東院長画像

伊東信久先生

確かに、保険の適用される手術に比べるとPLDDは割高です。ただ、入院の必要がないため、その後の費用はかかりません。目に見える金額だけでなく、病気の治療の効果、治療にかかる日数だどのデメリットを考慮したうえで、ベストな治療法を選ぶことが大切です。

椎間板ヘルニアでお悩みの方にレーザー治療でオススメのクリニックBest3