HOME >  椎間板ヘルニアのレーザー治療辞典

椎間板ヘルニアのレーザー治療辞典

このカテゴリでは、椎間板ヘルニアのレーザー治療を受けるうえで知っておきたい、さまざまな知識を紹介しています。

椎間板ヘルニアのレーザー治療はどんな治療法?

ヘルニアのレーザー治療は一般的に、
Percutaneous(経皮的)、
Laser(レーザー)、
Disk(椎間板)、
Decompression(減圧術) 
の頭文字をとって、「PLDD」と呼ばれています。

その治療法は、ヘルニアになっている椎間板軟骨の中心部をレーザーによって「蒸散」させる(固体から気体に変化させる)というもの。それによって、腰の痛みや脚(とくに下肢)の痛み、首や肩の痛みを解消、または軽減することができます。

椎間板の中にある髄核をレーザーで焼くことにより空洞を作り、椎間板を縮ませて神経の圧迫を減らすことで、痛みをとりのぞきます。

全身麻酔をして患部を切開し、椎間板の出っ張っているところを切除する従来の外科的手術とは違い「切開することなく、痛みを解消・軽減する」治療法だというわけです。

治療に使用されるのは、レーザーファイバーを内包した直径1ミリ程度のごくごく細い針。それを局所麻酔した皮膚の上から刺し、患部に直接レーザーを照射してヘルニア部を蒸散させます。

レーザー照射にかかる時間は1ヵ所につき約15分程度で、手術全体にかかる時間も1時間ほどで終了する場合がほとんど。

  • 痛みがほとんどない
  • 出血が少なく、傷口も小さくてすむ
  • 治療時間が短くすむ
  • 日帰り手術が可能

など、多くのメリットがあります。

ここでは、
「PLDDについてもっと知りたい」
「PLDDに興味があるけど、費用はどのくらいかかるの?」
「治療の流れはどんな感じ?」
「どんなヘルニアにも効果的なの?」

など、PLDDにまつわるさまざまなことを解説してきたいと思います。