椎間板ヘルニアを簡単に日帰り治療!オススメレーザー治療医院ナビ

サイトマップ

本地川医院

ここでは、大阪で椎間板ヘルニアのレーザー治療を行っている本地川医院を紹介します。

本地川医院の口コミ

※口コミは見つかりませんでした。

【特徴】“針を刺さない”レーザー治療

減圧牽引装置を使った針を刺さないレーザー治療を実践しているクリニックです。

費用

椎間板ヘルニアのレーザー治療について、費用の記載はありませんでした。

医院の特徴

レーザー治療は、西日本でも導入しているクリニックは少ない「減圧牽引装置」を併用した、「dPLDD(Decompressed PLDD)」を原則としています。

脊椎(背骨)の基本的構造、神経圧迫のメカニズム、MRI画像の解釈、当院での治療法など、説明に30分~1時間、医師自ら説明します。

「減圧牽引装置」を使った針を刺さないレーザー治療とは?

「減圧牽引装置」を併用し、針を刺さないレーザー治療「dPLDD」の仕組みは、レーザー治療を行う前に減圧牽引装置で髄核を椎間板の本来の位置に引き戻しておき、その状態で痛みやしびれが軽減するかどうかを確認してからレーザー治療を行うというものです。

レーザー治療を単独で行うよりも、痛みやしびれが軽減されるかを確認したうえでレーザー治療を行うため、さらに効果的なのだそうです。

実際、治療を受けた人の多くに減圧牽引法のみで、痛みやしびれが改善するケースがみられているそうです。

PLDDが有効である症状に的確にPLDDの治療が施せるという、本来あるべき治療の姿が実現できる治療法です。

レーザー治療は身体への負担が少なく、痛みや傷も少ないものですが、それでも局所麻酔やレーザーファイバーの針を刺すことは避けられません。しかし「dPLDD」ならば針を刺さないで治療を行うことが可能です。

レーザー治療の実績数/成功率

椎間板ヘルニアのレーザー治療における実績および成功率について、記載はありませんでした。

設備

レーザー治療に関する設備の記載はありませんでした。

レーザー治療以外の椎間板ヘルニアの治療法

DRX:「刺さない」無侵襲治療

牽引治療に類する「減圧牽引」による治療法です。一般的な牽引治療では、圧縮されて高まった内圧を減少させることで神経への圧迫を減らしますが、腰部にある姿勢維持筋を刺激してしまうために反射的な収縮を引き起こし、椎間板内圧を減圧することに関しては十分に効果を発揮できませんでした。

本地川医院では、2006年にDRXを導入し、症例数は3000超。姿勢維持筋を刺激せずに、横になっているだけで無侵襲・無痛で受けられる治療のようです。ただし、椎間板表面の固さによって改善されず、PLDDを行う前の検査のような立ち位置で行われています。

dPLDD:DRXによる 椎間板減圧で下ごしらえをした後にPLDDで状態を固定する複合手術です。

本地川医院の概要

【クリニック名】

本地川医院

【住所/アクセス】

大阪市北区神山町1‐7 扇町メディックスモール2F

JR「天満」駅より徒歩8分

【診療時間/休診日】

月曜~日曜/9:00~13:00、16:00~20:00 日曜/9:00~13:00

休診日:日曜午後、祝

椎間板ヘルニアでお悩みの方にレーザー治療でオススメのクリニックBest3