HOME >  椎間板ヘルニアのレーザー治療ができる10院 >  郡山青藍病院

郡山青藍病院

ここでは、椎間板ヘルニアのレーザー治療を手がける郡山青藍病院の情報をお届けしています。

腰痛の治療実績2,700人以上、実績豊富なクリニック

郡山青藍病院郡山青藍病院は、16年以上にわたって椎間板ヘルニアのレーザー治療を手がけてきたクリニック。その技術と経験、そして最新の医療機器による治療で、これまで2,700人以上のヘルニア患者を治してきた実績があります。

院内のスタッフの中にも、自身が椎間板ヘルニアを患い、PLDD治療で完治した方もいるそうです。

治療を受けた人の声からは、説明が丁寧でわかりやすく、技術も高いという評判が多く聞かれます。また、検査には最先端のMRI機器を取り入れており、鮮明な画像で正確な診断を行えるのも強みとのこと。通常40分から1時間かかる検査が、およそ半分の時間で済むというのも、治療を受ける側にはありがたいところです。

そのような高度な医療機器を使用しているため、1回の検査や手術にかかる時間が短縮されること。また、手術日が多く設けられていることなどから、診察や手術の予約が入れやすいのもいいところです。

椎間板ヘルニアの治療にはPLDD以外に、ハイブリッドレーザー治療、摘出手術(内視鏡下ヘルニア摘出術MED法、LOVE法)、薬物療法、ブロック注射、牽引療法、電気・温熱療法、リハビリ治療も取り入れています。ヘルニアの状態に応じた、最適な治療法を提案してもらえます。

また、院内感染予防にも力を入れているため、安全性も高いクリニックといえます。

<<治療費などがわかる郡山青藍病院のWebサイトへ>>

郡山青藍病院で治療を受けた人の声を紹介

半年前から腰痛があり、もうすぐ入社式があるのですぐに効果が期待できるPLDDを受けることにしました。3日後の入社前の健康診断にも間に合い、本当に助かりました。(20代男性・大阪府)

年齢も高いことだし何をやってもダメだろうと思いましたが、郡山青藍病院の腰痛外来を受診。腰部脊椎管狭窄症と椎間板ヘルニアの合併症と診断され、PLDDを受けることにしました。

それまでは杖なしではほとんど歩けなかったのが、術後すぐに効果があり、今では杖はまったく必要なくなりました。(80代男性・奈良県)

他の病院で、脊椎管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。病歴もあり、現在も疾患を持っていたので「外科的手術は無理」と判断され、郡山青藍病院を紹介してもらいました。

受診後にPLDDを受けたところ、施術前にあった左足のふくらはぎの痛みとしびれがほとんど良くなりなりました。紹介してもらってPLDDを受けて本当に良かったと感じています。(70代男性・滋賀県)

郡山青藍病院の概要

■所在地:奈良県大和郡山市本庄町1-1
■診療時間:月~金/9:00~17:00
土/9:00~13:00
■アクセス:JR大和路線「郡山」駅より徒歩15分
近鉄橿原線「郡山」駅より徒歩15分
※患者送迎バスあり
■休診日:日、祝、年末年始、3月1日(創立記念日)
■設備:・MRI(GE社製1.5T)、X線透視装置(23年10月より最新機器に入れ替え予定)、レーザー装置(パワーヘルス1<Nd:YAG LAZER>)、一般撮影装置(レントゲン等)、CT
■レーザー治療以外の椎間板ヘルニアの治療法
内視鏡下ヘルニア摘出手術MED法、LOVE法、保存療法(薬物療法、牽引療法、電気療法、神経ブロック注射、リハビリ治療)など