HOME >  椎間板ヘルニアのレーザー治療ができる10院 >  【番外】小林整形外科

【番外】小林整形外科

名古屋でPLDD治療を行っている「小林整形外科」の特徴について説明しています。

実績のある医師がPLDD治療を行う

名古屋にある「小林整形外科」は、小林昌義院長により1998年に開院。このクリニックでは、椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD)が受けられます。

クリニックのPLDD治療では、まず痛みの原因が炎症、または圧迫によるものかを判断します。その後、神経ブロックとレーザー治療、あるいは両者を併用した治療を行っているそうです。

治療を担当している加藤芳正医師は、1995年から2009年までに約500人の患者に治療を行いました。加藤医師は名古屋市北区、三重県四日市市、愛知県豊田市、岐阜県大垣市の病院でも腰痛疾患の診療をしているほどの腕前。PLDD治療に関する本も出版しており、椎間板ヘルニアは生涯完治することがない、という考えから治療後の維持療法に力を入れています。

PLDDの有効率は約70%。2004年には難治性の椎間板ヘルニアに対し、神経ブロックとレーザーを組み合わせた治療を考案。切らずに痛みから解放する治療法に成功しています

PLDDの原因とメリット

椎間板ヘルニアになってしまうのは「仕事で重いものをよく持っているから」「デスクワークが多いから」…いえいえ、その原因は現在も解明されていないのだとか。それらは誘因にはなりますが、原因とは言えないようです。その証拠にスポーツや腰に対する負担が全くない子供でも、椎間板ヘルニアを発症します。

根本的治療がないのであれば、できる限り身体に負担の少ない治療法で患者の症状を改善させたい…そこで役立つのがPLDDなのです。

腰椎椎間板ヘルニアの検査では、レントゲン撮影とMRI検査は欠かせません。ちなみにPLDDでは、脊髄造影・神経根造影・椎間板造影検査などは必要ないそうです。

PLDDのメリットは、

  • 局所麻酔で治療ができる
  • 手術時間は、準備を含めて40分
  • 日帰り治療なので日常生活には、翌日から戻れる
  • 合併症などの危険が少ない

などの点にあります。しかし治療では椎間板を約200℃で焼くため、熱の影響が少なからず出てしまいます。そのため、治療後は5時間の安静が必要になります。子供だけではなく、高齢者も治療が可能なので嬉しいですね。

PLDDにかかる費用は、410,000円(税込)。気になった方は、電話での相談は担当医が不在の場合もあるため、メールで相談してみると良いでしょう。

小林整形外科の概要

■所在地:愛知県名古屋市千種区今池3丁目16-12
■診療時間:月~金/8:00~12:30、15:00~19:00
土/8:00~13:00
■アクセス:地下鉄東山線「今池」駅、9番出口より徒歩3分
■休診日:土曜午後、日、祝