PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

【年齢別】椎間板ヘルニアについて

中学生の椎間板ヘルニア

20~40代に多いとされるヘルニア。しかし、10代の頃から発症する人もいます。部活で重いものをよく持ち運ぶ、授業を受ける際に腰が曲がっているなどが中学生でヘルニアを引き起こす原因の1つです。若いと椎間板にかかる圧が強く、高齢者と比べて症状が強く出る可能性があります。

初期症状であれば、整体や鍼灸などで痛みを和らげることができます。しかし、症状が進行していれば手術を受けなければいけません。中には一度治まり、20代になってからまた痛み出したという人もいます。予防のためには、適度な運動や背筋を伸ばした姿勢を心がけることが大切です。

中学生の椎間板ヘルニアについて
詳しく見る

高校生の椎間板ヘルニア

ヘルニアで痛みが強く出る場合、授業中に座っているだけでもキツいのが難点です。特に運動系の部活をやっている人だと、いつも通りのパフォーマンスができないため満足に活動できない人もいます。

ただ、人によってはヘルニアではなく骨が歪んでいたというケースもあります。腰が痛い方は、一度接骨院や整体に相談するのも良いでしょう。しかし、時間が経っても痛みが引かない場合は、医師への相談をおすすめします。

高校生の椎間板ヘルニアについて
詳しく見る

20代の椎間板ヘルニア

今の20代は椎間板ヘルニアを発症しやすい世代。若い世代はスマホやパソコンの長時間利用が多く、猫背になって腰に負担がかかってしまいがちです。普段から意識して姿勢を伸ばさないと、ヘルニア発症のリスクが高まります。

若いと無茶が効く分、ダメージを蓄積していることに気づきづらいのが難点です。自分はまだ若いから大丈夫と考えるのは良くありません。早い内から姿勢や適度な休息・運動を心がけることで、今後のヘルニア発症のリスク軽減につながります。

20代の椎間板ヘルニアについて
詳しく見る

30代の椎間板ヘルニア

仕事に慣れてくる、妊娠する人が多くなる30代。職場の地位が高くなり、より仕事の量が増えた人も多いはず。だからこそ、デスクワークや重労働による負荷に気を付けなければいけません。女性の場合は、妊娠がヘルニアの原因になることもあります。お腹が大きくなると、体のバランスをとるため反り腰になるからです。他にも高いヒールを長時間履き続ける、喫煙していることがヘルニアの原因になるとされています。決して、運動する人や長時間座りっぱなしの人だけがなるとは限らないのです。

30代の椎間板ヘルニアについて
詳しく見る

40代の椎間板ヘルニア

40代で発症するヘルニアの原因として考えられるのが、背中のゆがみや血流悪化による組織の圧迫です。歳を重ねるにつれ、筋力低下や体調不良は起こりやすくなります。筋力が低下して腰を伸ばせなくなれば、猫背になり負担が増加。また血流が悪くなると、老廃物や疲労物質がたまり神経にダメージを与えます。定期的な運動を心がけるとともに、食生活を見直すのがポイントです。

椎間板ヘルニアが重症化すると、尿が出にくくなります。そうなると腰だけでなく膀胱にまで負荷がかかり、最悪命に関わるケースも。そのため、違和感を感じたらできる限り早めの診断・手術が必要となります。

40代の椎間板ヘルニアについて
詳しく見る

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
医師が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ