PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

椎間板ヘルニアの原因と症状

椎間板ヘルニアの発症原因と椎間板ヘルニアの症状についてご紹介します。思い当たる節のある人は、早めに医師に相談したほうがいいかもしれません。

椎間板ヘルニアの発症原因

原因その1:環境的要因(姿勢・動作)、加齢によるもの

椎間板ヘルニアの原因に日ごろの姿勢や動作によって椎間板の変性してしまうものがあります。

20歳を過ぎると椎間板は、髄核に含まれる水分量がだんだんと減ってきます。年齢を重ねることによって髄核の水分量に変化が生じてくることも原因の一つです。

私たちの体を支えるためにほぼ毎日、24時間常に負荷がかかってる部分が腰や首部分にある椎間板。

例をあげると長時間のデスクワーク、重いものを運ぶ作業、中腰で行う作業などは腰や頚椎にとって負担になります。その中でもものをもってかがんで行う動作は、腰の椎間板に非常に強い負荷がかかるといわれており、長年こうした作業をする仕事などをしていると線維輪にごく小さな亀裂が生じ始めます。そしてその亀裂が大きくなると中の軟骨が飛び出て神経を圧迫し椎間板ヘルニアが発生する仕組みです。

椎間ヘルニアを発症する年齢層は20代から40代の男性で多く発症し、ある調査によると椎間板ヘルニアを発症した男性は、腰に負荷がかかる重労働や長時間の車の運転をして老いることが環境的要因として挙げられます。

原因その2:遺伝的要因(体質、骨の形)によるもの

20代から40代の男性に多く発生している椎間板減るには環境的要因の他にも、遺伝的な要因が深く関係しているといわれています。

腰椎間板ヘルニアのガイドラインによると、21歳以下の種々を実施した腰椎椎間板ヘルニア63例と対照群を比較した結果、手術を施した人たちの32%は家族に椎間板ヘルニアがあったことが判明しています。対照群では7%でした。

手術群はおよそ5倍の頻度で家族性の要素を持つ傾向があることがわかりました。遺伝的な傾向は国によって違う結果がでていますが今後さらなる研究でヘルニアの遺伝的な要因が解明されることが望まれています。

原因その3:喫煙による骨の成長阻害によるもの

タバコを吸うと体内の様々な細胞や組織を痛める原因になります。

また血管が収縮しやすくなり血の塊ができることによって血流が低下して筋肉や骨を成長させる栄養をからだ中へ届ける力が低下することです。

椎間板やその軟骨組織の血液も低下して骨の細胞やコラーゲン繊維の合成が低下するといわれてもいて喫煙者は非喫煙者と比べると椎間板ヘルニアの発症率は3倍以上の差があるという報告もされおり、喫煙による椎間板の変性によるヘルニア発症の危険性が指摘されています。

椎間板ヘルニアの基礎知識をもっと知りたい

伊東くりにっく_共通パーツ画像

PLDDの
名医が教える

椎間板ヘルニアの
対策まとめ