椎間板ヘルニアを簡単に日帰り治療!オススメレーザー治療医院ナビ

サイトマップ

椎間板ヘルニアの原因と症状

椎間板ヘルニアの発症原因と椎間板ヘルニアの症状についてご紹介します。思い当たる節のある人は、早めに医師に相談したほうがいいかもしれません。

椎間板ヘルニアの発症原因

原因その1:環境的要因(姿勢・動作)、加齢によるもの

原因の1つは、日ごろの姿勢や動作によって起こる椎間板の変性です。

椎間板は20歳を過ぎると、髄核に含まれる水分量が減ってくるなど、年齢を重ねることによって変化が生じてきます。

椎間板は私たちの体を支えるため、日常生活でも常に負荷がかかっている部分です。

たとえば、中腰で行う作業や、長時間のデスクワーク、重いものを運ぶ作業などが腰への負担となります。特に、かがんでものを持つ動作では、腰の椎間板に強い負荷がかかるといわれており、このような負荷により線維輪に小さな亀裂が生じると、椎間板ヘルニアが発生します。

椎間板ヘルニアは主に20歳から40歳の男性に好発し、腰にかかる負荷が大きい重労働や長時間の車の運転などが環境的要因として挙げられます。

原因その2:遺伝的要因(体質、骨の形)によるもの

年齢の若い椎間板ヘルニア患者においては、遺伝的な要因が大きく関係していると言われています。

腰椎椎間板ヘルニアのガイドラインを調べてみると、21歳以下の手術を実施した腰椎椎間板ヘルニア63例と対照群を比較した結果、手術を実施した群の32%には家族に椎間板ヘルニアがあったことが分かり、対照群では7%でした。

手術群は約5倍の頻度で家族性の素因を持っていたこともが分かりました。遺伝的な要因については、現在は民族によって違う結果がでていますが、今後の研究で更に詳細が解明されると思われます。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは神経が圧迫されることで生じる疾患のため、体にはさまざまな症状が出現します。ここでは、椎間板ヘルニアの典型的な症状をご紹介します。

  • 片側の下肢痛(※臀部から足にかけ、猛烈な激痛が起こることが多い)
  • 坐骨神経痛
  • 腰痛
  • しびれ
  • 感覚障害
  • 足の冷え
  • 筋力の低下
  • 排尿障害(※重度の場合)

脊髄や神経根の圧迫によって、いわゆる坐骨神経痛が引き起こされるのも特徴的な症状の一つです。

椎間板ヘルニアでお悩みの方にレーザー治療でオススメのクリニックBest3