HOME >  椎間板ヘルニア基礎知識

椎間板ヘルニア基礎知識

このカテゴリでは、椎間板ヘルニアの治療を受けるまでに知っておくべき基本的な知識をわかりやすく説明していきます。椎間板ヘルニアとはどういうものか、どのような原因で起こるのか、簡単に自己診断できる方法などを紹介しますので、受診の際の参考にしてください。思い当たることがあれば、早めに受診することをお勧めします。

椎間板ヘルニアってどんな病気?

椎間板ヘルニアとは、一般的にいわれる腰痛など背骨の痛みや足腰のしびれなどの原因となる病気のひとつです。

病名についている椎間板とは、脊椎を構成している骨と骨の間にある組織で、体を動かす際に固い骨と骨が直接こすれあったりぶつかり合わないようクッションのような働きをする部分です。この椎間板があることで滑らかな動きができるのです。椎間板は、実際にはゼリーのような形状をしており、そのほとんどが水分からできています。しかし、20代を過ぎると徐々にその老化は始まり、少しずつ柔軟性が衰えてくるために体の動きそのものも少しずつぎこちなくなってくるというわけです。

この脊椎は、毎日さまざまな動きを強いられており、時には無理な姿勢や圧力をかけられます。こうしてさまざまな原因によってこの椎間板が背骨と背骨の間から飛び出してしまい、その近くにある神経を圧迫して痛みやしびれなどの症状を引き起こすのが椎間板ヘルニアです。

いくつのもタイプがある椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、いろいろな分け方があります。

飛び出した場所によって名称が異なります。

・頚椎椎間板ヘルニア・・・首のあたりの椎間板が飛び出して起こるヘルニア。主に手や腕などに症状が現れ、首を後ろに倒すと激痛が走ります。悪化すると症状は腰や足にも広がっていきます。

・腰椎椎間板ヘルニア・・・腰の椎間板が飛び出して起こるヘルニア。体の中では最も負担かかかっている場所なので、腰の痛みなどの原因がこの腰椎椎間板ヘルニアであることも多いです。

ヘルニアの状態によって「脱出型」と「膨隆型」の2つに分けられます。

  • 脱出型ヘルニア・・・椎間板を覆っている繊維質の組織から完全に内部が飛び出してしまったもの。痛みが強いですが、治療によって数か月で軽快していきます。
  • 膨隆型ヘルニア・・・完全に椎間板が飛び出してはいないが部分的に膨らみ出っ張った状態。症状が長引くことが多いタイプです。

圧迫される神経の場所による分類の仕方もあります。特に、内側制ヘルニアと外側性ヘルニアでは、それぞれ神経の片側が圧迫されるため、体の傾きの方向によって痛みが生じます。中心性ヘルニアでは、腰を丸めるなどの動作で痛みが強くなります。

  • 内側性ヘルニア・・・飛び出した椎間板が神経の内側を圧迫したもの
  • 外側性ヘルニア・・・同じく神経の外側を圧迫したもの
  • 中止性ヘルニア・・・真後ろにある脊髄そのものを圧迫したもの

椎間板ヘルニアの自己チェック法

腰の痛みや足の痛み、しびれをはじめ、腕や肩の痛み、手のしびれといった不快な症状に悩んでいる方は意外に多いものです。椎間板ヘルニアの原因は、毎日同じ姿勢を続ける仕事や激しいスポーツなどさまざまです。

そこで、簡単な自己チェックをして椎間板ヘルニアの早期発見に努めましょう。早期治療を行えばより治療効果も上がり日常生活を快適に贈ることができます。

  • 背骨の状態のチェック

    真直ぐに立ち、背骨が曲がっていないかを全身が写る鏡や家族に確認してもらいます。次に立ったままで前に体を曲げてみます。この前屈動作ができなかったり痛みが伴う場合は注意が必要です。

  • つま先やかかとで立てるかのチェック

    次に先立ちをしてみましょう。椎間板ヘルニアを発症している場合、つま先に力が入らずつま先立ちができないか非常に不安定になります。また、かかと立ちも困難になることが多いので、チェックしましょう。

  • 痛みが長期間続いているかのチェック

    腰や首の痛みが2~3週間経っても治まらない場合、椎間板ヘルニアが疑われます。長引く痛みがある場合は、早めに専門医を受診した方がいいでしょう。