PLDDっていったい何? 椎間板ヘルニアレーザー治療ガイド

サイトマップ

今すぐ治したいこの痛み…
椎間板ヘルニアの対策まとめ

椎間板ヘルニアに悩む患者への負担が少なく、日帰り手術も可能であると注目の治療「PLDD(経皮的レーザー椎間板髄核減圧術)」について、治療内容やレーザー治療に向いている症状を、レーザー治療の名医監修のもとまとめました。

ヘルニアのレーザー治療機器

引用元:Dimed
http://japanese.lasertreatmentmachine.com/supplier-202515-pldd-laser

レーザー治療は
こんな治療法

痛みはなく、治療時間も短い画期的な治療
ヘルニアのレーザー治療機器

引用元:Dimed
http://japanese.lasertreatmentmachine.com/supplier-202515-pldd-laser

従来の切開手術などと比べて、痛みがほとんどなく、出血が少なく、傷口が小さくて済む、治療時間が短い…など、多くのメリットがある椎間板ヘルニアのレーザー治療。これらのメリットによって日帰り手術が可能です。 日本では90年代に導入がはじまり、医療としては歴史が浅いレーザー治療ですが、90%を超える成功率を謳っている治療院もあります。

椎間板ヘルニアの
レーザー治療ならお任せ!
当サイトの監修クリニックの紹介

「なにわのブラックジャック」と呼ばれる
伊東信久医師によるレーザー治療クリニック

「慢性的な腰の痛みに悩んでいる方の心と体をすこしでも楽にしてあげたい」と願う伊東医師。
そんな伊東医師のクリニック「伊東くりにっく」では、患者さんの負担が少ないレーザー治療を採用しています。
日本でも有数の豊富な経験を持ち、患者さんに寄り添う治療方針をモットーとしている、ヘルニア治療の名医です。
「腰の痛みをなんとかしたい…」という方は、ぜひ一度公式サイトで情報をチェックしてみてください。
(成功率・実績は聞き取り調査および公式HPの表示を参照しています。)

伊東くりにっく

医院の特徴

  1. PLDDの治療実績は日本有数であり、著名人の治療実績多数。
  2. 椎間板ヘルニア治療にレーザー治療をいち早く取り入れたパイオニア的クリニック。
  3. 大阪大学工学部と共同でレーザーに関する研究を行い、常に最新技術を取り入れる。
  4. 患者の年齢層は10歳の子供から90歳近い高齢の方までと幅広い。
  5. 院長はPLDD治療の第一人者と認知されており、メディア出演も多い人気ドクター。

伊東くりにっくで
治療した人の口コミ

  • ヘルニアの痛みから解放されました

    以前はヘルニアの痛みがひどく、その症状は立っていられないほどでした。レーザー治療のことを知って、伊東くりにっくのPLDD治療を受けたところ、治療から徐々に改善されていき、1ヶ月ほど経った頃には全く気にならないほどに改善しました。


    今ではジムに通って筋肉を鍛えることができるほどの回復ぶりです。

  • 伊東くりにっくの治療で痛みがなくなった

    介護の仕事をしています。仕事柄、激しい腰痛が悩みで、腰の切開手術を受けました。しかし痛みやしびれは取れず、ある日激痛が腰から背中にかけて駆け上がり、立てなくなってしまいました。そんな中で見つけたのが、伊東くりにっくです。


    治療を受け、2週間もすると腰の痛みがどんどんなくなり、快適な生活を送れるようになりました。

費用

頸椎:初回1か所950,000(税別)

腰椎:初回1か所750,000(税別)

基本情報

診療時間:
平日/10:00~12:00、13:00~17:00
所在地
大阪府大阪市福島区福島1-1-51 堂島クロスウォーク4F 大阪中之島クリニックモール内

椎間板ヘルニアのレーザー治療(PLDD 法)辞典

椎間板ヘルニアのレーザー治療の知識

椎間板ヘルニアのレーザー治療を受けるうえで知っておきたい、さまざまな知識を紹介します。

レーザー治療のメリットや費用相場と保険について、また、ヘルニア治療が難しいケースやレーザー治療の流れ、レーザー治療でヘルニアは完治できるのか、といった疑問にもお答えしていきます。

椎間板ヘルニアの
レーザー治療口コミ集

PLDDを受けた人の口コミをチェック

当サイト監修の「伊東くりにっく」で、実際に椎間板ヘルニアのレーザー治療を受けた患者さんの口コミをピックアップし、ご紹介していきます。

安心して任せられる
クリニックの選び方

クリニック選びに抑えておきたいポイント

身体の要ともいえる腰の治療をお任せするなら、少しでもいいクリニックを選びたいものです。PLDDが受けられるクリニックを選択する際に、どんな基準で比較すればよいのでしょうか?まとめてみました。
クリニック選びに迷っている方はぜひ参考にしてください。

レーザー治療で気になる質問

レーザー治療前に解消したい治療前後の不安あれこれ

椎間板ヘルニアのレーザー治療について調べている人が気にしている質問として、「失敗やリスク」、「傷跡や痛み、後遺症」、「切開手術とレーザー治療の違い」を挙げ、これから治療を受ける方が気になるポイントと、こちらに対する回答を紹介します。

失敗やリスクについて知りたい

PLDD治療にあたって理解すべきリスクのこと

椎間板ヘルニアのレーザー治療を考えている人に向けて、失敗やリスクについて知りたいポイントとして「合併症、合併率はあるの?」、「病気を持っている人でも受けられる?」を挙げ、わかりやすくご紹介します。

傷跡や痛み、後遺症について知りたい

レーザー治療後のリスクを解説

椎間板ヘルニアのレーザー治療について考えると、手術後の傷跡や手術中の痛み、手術後の後遺症について心配されている人が多いことがわかりました。治療の後押しとして、「治療は本当に痛くない?」「傷跡は残る?」「後遺症が残ることはある?」の三つのポイントを挙げ、ご紹介します。

切開手術とレーザー治療の違いは?

所要時間や術後の生活の違いに注目

椎間板ヘルニアの治療の方法である切開手術とレーザー治療(PLDD)の違いについて、両方の手術のメリット、デメリットを挙をご紹介します。ご自分に合った治療法を検討してみてください。

椎間板ヘルニアの
レーザー以外の治療法

さまざまな治療法を知って選択肢を増やす

椎間板ヘルニアの治療には、レーザー治療以外にもさまざまな治療法があります。

どのような治療法があるのかを知ることで、ご自身の症状に合った治療の選択肢が広がることでしょう。具体的にどのような治療があるのか、わかりやすく説明していきます。自分に合った治療法はどれなのかを知っておくことで、今後の治療の目安になることでしょう。

椎間板ヘルニア
基礎知識

知っておきたい
椎間板ヘルニアの基本

こちらでは椎間板ヘルニアの治療を受ける前段階として、知っておいて損はない基本的な知識をわかりやすく解説しています。

椎間板ヘルニアとはどういうもので、どのようなタイプがあり、何が原因でどのような症状が起こるのか、また、簡単な自己診断方法などもご紹介しますので、受診の際の参考にしてください。

  • 椎間板ヘルニアを知る

    ヘルニアを起こす2つの原因と症状

    椎間板ヘルニアが発症する原因として、
    • 椎間板の変性によるもの
    • 遺伝的背景によるもの
    上記2つの説明と、椎間板ヘルニアの症状についてご紹介します。
  • タイプ別にみる
    椎間板ヘルニア

    脱出型と膨隆型。治療が必要なのは…?

    椎間板ヘルニアの症状を
    • 脱出型のヘルニア
    • 膨隆型のヘルニア(外側性ヘルニア、内側性ヘルニア、中心性ヘルニア)
    上記2つのタイプに分け、具体的にご紹介していきます。
  • 椎間板ヘルニアの初期症状

    ヘルニアの予兆を知っておこう

    ヘルニアの予兆として考えられる、
    • 手足のしびれ
    • 足がだるい・重い
    • 腰が痛い
    上記3つの症状についてご紹介します。
  • 椎間板ヘルニアを完治させるには

    痛くない=完治ではない

    完治させる手段として
    • 保存療法
    • 手術
    上記2つの方法に分け、具体的にご紹介していきます。

PLDDの仕組み

椎間板ヘルニアの治療法PLDDについて仕組みをまとめてみました。

PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)について

PLDDは組織蒸散と呼ばれる方法を利用した、椎間板ヘルニアの治療方法です。わずか1mmの極細の針とレーザーファイバーと呼ばれる光ファイバーを使って治療が行われます。極細針の中は空洞となっており、そこにレーザーファイバーを通過させレーザー光を照射。椎間板ヘルニアの原因である髄核を蒸散させることで神経の圧迫を減らします。

PLDDに使われるレーザー

PLDDにはレーザーファイバーと呼ばれる細長くて先端が丸いレーザーが使用されています。乱反射した光は円形部分の先端に集まり、真っすぐ光を放ちます。円形の光線はしっかりと患部に届き、痛みの原因である髄核を蒸散させることができるのです。

組織蒸散とは?

PLDDの仕組みのかなめである組織蒸散とは、組織に高熱を与えることにより組織の中に含まれる水分を蒸発・蒸散させることです。レーザーを吸収した組織の水分は1500度近い熱をもち、一瞬のうちに組織を消すことができます。

PLDDの安全性について

PLDDの安全性は極めて高いといえます。患部に対し、針を刺してレーザーを通し髄核を蒸散させるため、メスを使った手術よりも負担がかかりません。医師の中には、レーザーを使うことに否定的な人もいるようですが、どのような手術・治療法においても否定的な意見を持つ人はいます。肯定的な意見をもつ医師のなかには、可能ならPLDDを最初の治療にもってきたほうがいいと考えている人もいるようです。

PLDDはいつ頃からあるのか

PLDDの始まりは1986年のオーストラリにさかのぼります。グラーツ医科大学脳神経外科(オーストリア)で、Daniel Choy氏とPeter Ascher氏が腰痛治療を目的に生み出しました。PLDDの効果が実証されてからはアメリカ・ヨーロッパに広がり、90年代に入って日本に導入。90年代前半、当時の日本ではLOVE法・MED法などの外科的手術が主流であったこと、保険適用ではなかったころからPLDDがすぐに普及することはありませんでした。しかし、90年代後半に入ると民間の医療機関で導入されはじめ、その評価の高さから徐々に治療を行なう施設が増えてきたのです。

PLDDの特徴

患者さんの身体に負担がかからない

PLDDは極細針は患者の背中部分より患部に向かって差し込まれるため、メスを使う手術よりも負担がかかりません。従来の外科的手術では、安静・リハビリ期間を考えると約1ヶ月の入院が必要となりますが、PLDDなら日帰りで手術を受けることが可能です。痛みの原因である、椎間板から出た髄核(ずいかく)をレーザーによって蒸発させて痛みを軽減するPLDD。画期的な治療法ではありますが、椎間板を元に戻す方法ではなく、外科的手術以外の椎間板ヘルニア治療で十分に効果が得られなかった方に行われることが多いです。

椎間板を形成する髄核と線維輪

髄核は椎間板のクッションに相当する組織です。柔らかい組織で、通常は線維輪と呼ばれるものに囲まれています。椎間板が強い衝撃を受けたり、加齢によってダメージが蓄積していくと、線維輪が破れてしまうことも。そうなると、線維輪に囲まれていた髄核が飛び出してしまいます。そのような状態が椎間板ヘルニアです。椎間板の近くには神経や骨などが集まっており髄核がそこに当たるため、 神経痛や麻痺などを起こしてしまいます。

なぜPLDDで痛みを軽減できるのか?

椎間板ヘルニアは、椎間板内にある髄核と呼ばれるゲル状の物質が外に出てしまった状態のことを指します。この髄核が椎間板の近くにある神経を刺激してしまい、痛みの原因に。PLDDは髄核にレーザーを照射して髄核の一部を蒸発させます。髄核が蒸発したことにより空洞ができ、椎間板が収縮。椎間板が収縮することによって、神経の圧迫が治まり痛みや痺れを改善することができるのです。

出血が少なく手術時間も短い

PLDDの手術ではほとんど出血することがありません。また、手術時間は1か所当たり約15分と短時間で済みます。重度の椎間板ヘルニアにはあまり向きませんが軽度であれば、80%の改善率が見込めます。まれに炎症や感染症を引き起こす可能性があるため、開腹するまでに時間を要する場合も少なくありません。人によっては複数回の施術が必要になる場合もあるので、その点はよく医師と話し合ってどうやって治療を進めていくか確認しておきましょう。

PLDD治療は幅広い年齢に対応している

PLDDは12~90歳と幅広い年代の人の治療に対応可能です。椎間板とその周りにある組織に影響を与えることがなく、身体に負担がかかりません。また、局所麻酔での手術になるため、高血圧・腎障害・糖尿病など、麻酔の影響が出やすい患者さんでも受けることが可能です。長期的な入院やリハビリなどの必要もないため、体力に自信がないという人でも安心して治療を受けることができます。

PLDDの治療内容

PLDD治療の手順について解説します。

手術を受けるなら前もってX線・MRI画像を取っておく

PLDD治療を受ける場合には、X線・MRI画像が必要になります。持っている場合と持っていない場合では診察手順が変わるため、気を付けましょう。なお、画像は撮影日から3ヶ月以内のものを使用します。

画像をもっている場合

X線・MRI画像を持っている場合は、手術を受けるクリニック・病院にもっていきます。そこで医師が画像をみながら、痛みやしびれなどの症状が本当に椎間板ヘルニアによるものか確認するのです。ほかの病気でないかを確認したら、次はPLDD治療ができるかを判断していきます。

画像をもっていない場合

医師が椎間板ヘルニアの症状について詳しく聞きます。その後、PLDDが適用できるか判断。画像を持っていない場合の受診でできるのは、問診までです。後日、紹介された医療機関で詳しく検査を受ける必要があります。

診断方法

診察では腕や下肢の感覚を診ます。患者さんはまず診察台に横になります。医師が患者さんのひざを伸ばしたままの状態で上下させる下肢伸展拳上試験を行ない、足の力が弱まっていないか診断するのです。その後、X線撮影・MRI検査を行ないます。

手術の手順

  • 1.患者は痛みがある部位を上に向けて、横になります。医師はX線透視を確認しながら椎間板の位置を把握。針を通す位置にマーキング・消毒を行なった後に局所麻酔をします。
  • 2.麻酔が効いて来たら、極細針を刺入。椎間板以外の神経や臓器などを傷つけないように、厳密に確認しながら患部まで針を届けます。
  • 3.針が患部まで届き、正しい位置に刺さっているか確認できたらレーザーファイバーを針の中に挿入。患部に届いたのが確認できれば、レーザーを照射します。
  • 4.レーザーが照射されるとピーっという音が聞こえます。1秒間照射→1秒間休み→1秒間照射が繰り返されて、手術は進んでいきます。
  • 5.手術は15分ほどで完了。針を抜いた後の肌は、注射跡がありますが出血はほとんどありません。消毒を行なって、傷テープを張りコルセットをします。コルセットは1~2週間ほど装着します。
  • 6.術後の処置を終えた後は1~2時間ほど回復室で休み、問題がなければ帰宅となります。
ヘルニア画像TOP

PLDDで行った治療は、傷口の大きさがわずか1mmとかなり小さめ。レーザー治療のため外科手術と比べて身体にかかる負担が少ないのが特徴。入院する必要はなく、PLDD治療を受けてその日のうちに帰宅できます。椎間板ヘルニアを無傷で治療するというわけにはいきませんが、PLDDはヘルニアの治療方法の中で最も負担を抑えた治療法であることは間違いないでしょう。

手術は局所麻酔で行なわれる

PLDDは局所麻酔での手術となります。局所麻酔は感覚を感じる神経を一時的に麻痺させることで、痛覚を無くす麻酔のこと。全身麻酔に比べて全身に及ぼす影響がすくないため、身体にかかる負担が少ないといえます。また、意識を保ったままPLDDを受けることができるため、手術中の様子を把握することや何かあった場合意思表示をすることが可能です。全身麻酔よりも安価なので、その分金銭面の負担も少なくなるといえるでしょう。

手術直後について

PLDDを受けて2週間は患部を保護するためにコルセット(頚椎はネックカラー)を装着する必要があります。そのため、手術を受ける際の服装はコルセットを装着しても問題のない、ゆとりのある服装できましょう。身体にぴったりと密着するような服装は避けた方が無難です。人によっては、コルセットの圧迫により痛みを感じることがありますが、その場合は医師に相談して痛みの少ない方法を考えてもらいましょう。日帰り手術が可能なPLDDですが、手術当日はなるべく安静にしておくことが大切です。

手術直後の生活範囲

  • ・手術当日…なるべく安静にしておく
  • ・1日後…安静にしておくことが大切、シャワーを浴びることが可能
  • ・2日後…普段どおりの生活が可能、入浴もできる
  • ・3日後…デスクワークの方なら職場復帰することが可能、飲酒も可能
  • ・1週間後…ゴルフや水泳などの運動が可能(激しい運動はNG)

従来の手術方法との違いについて

切開手術や内視鏡下手術は身体を切る必要があり、全身麻酔が使用されます。手術による患者さんの身体への負担が大きく、入院することになります。入院日数は個人差がありますが、約3週間程度かかることも。また、手術を受けたとしてもリハビリや検査のために、通院する必要がでてきます。

炎症・感染症について

手術を受けた人のなかには、まれに熱刺激によって椎間板の炎症や神経の炎症が起こる場合があります。これらの症状を引き起こさないようにするには、レーザー機器や治療室などの衛生管理がきちんとされているクリニックを選ぶことが大切です。また、クリニックによってはPLDD治療を行なう前後に、抗生剤の服用をお願いするところもあります。もしも、椎間板ヘルニアの症状が軽度~中度であれば、PLDDを選択したほうがよいでしょう。

PLDDの改善経過

PLDDを受けた場合、髄核の減少が確認できるのは1~3ヶ月程度です。髄核が引っ込んでくるのに合わせて効果の出方も違ってきます。当サイトの監修をしている伊東クリニックでの改善事例を見てみると、手術直後にしびれや痛みなどが取れたという人の割合が約40%、術後1週間で痛みやしびれが取れた人が約20%、1ヶ月で取れた人が約5%でした。重度のヘルニアの人や患者さんの体質によっては、半年ほどかけて症状が緩和するケースもあるようです。手術自体は日帰りで受けることが可能なので、制約はありますがすぐに普段の生活に戻ることができるでしょう。

PLDDによって椎間板ヘルニアが悪化することはある?

PLDDによってごくまれに椎間板ヘルニアが悪化してしまう人もいます。原因としては、神経根の浮腫みにより、痛みやしびれが起きている可能性があるようです。もしもPLDDを受けて痛みやしびれが治らない場合は、治療を受けたクリニック・病院にすぐ相談しましょう

忙しい人に向いている治療法

PLDDは手術時にメスを使わないため、身体に大きな傷が残らないというのがメリットとして挙げられます。仮に傷跡が付くとしても、針の穴程度で数日もしたら癒えてきます。また、外科的手術に比べて、日帰りあるいは1泊2日の短期入院で済むため、社会へ早く復帰することが可能です。仕事をしている方やプライベートが忙しい方にPLDDによる椎間板ヘルニアの治療は有効だといえるでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアの症状が重い人には向かない

片足もしくは両足の軽い痺れや麻痺などの症状が出る、比較的小さなヘルニアならPLDDは適応されます。しかし、強い下肢の痛みやしびれ、脱力などがある場合の治療には向かない場合も。その際は、外科的手術の方が優先されます。すべての椎間板ヘルニアに対してPLDDは有効というわけではないようです。

金銭的な負担は大きい

PLDDは残念ながら保険適用の手術ではありません。そのため、費用がかかります。国の保証制度である高額医療費の適用外になるのが難点です。しかし、医療費控除の対象にはなります。また、生命保険に加入している場合、手術給付金を利用することも可能です。PLDD治療を費用の面で諦めているという人は、クリニックや病院に相談してみるといいでしょう。

PLDDの位置づけ

PLDD治療は薬物療法・理学療法・ブロック療法と外科的手術の中間に位置する療法と言われています。外科的手術に比べて、適応できる範囲は狭いですが、治療成績がとても優れているのが特徴です。薬物療法・理学療法・ブロック療法を試してみてたど、あまり変化がなかったという人はPLDDが適用できるか、かかりつけのクリニック・病院で確認してみるとよいでしょう。

PLDDの現在の状況

PLDDは椎間板ヘルニアを発症して間もない患者に、有効な治療方法として知られています。ヘルニアが重症化している場合(靭帯を突き破って脊柱管に椎間板がこぼれ落ちてしまっている状態など)は、レーザー治療の効果が出にくいことも。治療が有効であるかは医師による判断が重要となってきます。

またPLDDは医師の経験や技術力によって治療効果に大きく差が出ることも。椎間板ヘルニアの治療を受けるなら、ヘルニア治療の名医や専門的に椎間板ヘルニア治療を行なっているクリニックを選ぶことが大切です。

PLDDの治療に適している症状

医師画像

PLDD治療は以下の症状に対して有効と言われています。

  • ・一定期間の保存治療(手術以外の治療)を受けたが効果が出ていない方
  • ・坐骨神経痛の症状が6週間以上続いている方
  • ・脚部のしびれや痛みがある方
  • ・姿勢や咳によって痛みを伴う方

上記に該当している場合は医師に相談して、PLDD治療を検討してみるのもいいでしょう。

伊東くりにっく_共通パーツ画像